HOME > 障害福祉サービス(共生型サービス) > 計画相談支援

障害者向け相談支援サービス

マザーコンシェルジュの「相談支援員」が、障害をお持ちのご利用者様に、「どんな暮らしをしたいのか?そのために何のサービスをどのように利用すべきなのか?」と、ひとりひとりに応じた「サービス等利用計画」(ケアプラン)を作成いたします。
サービス計画書の作成、事業者等との連絡調整、利用状況の検証などを行い、ご利用者様の自立のためのサポートを行います。

<サービス利用と相談支援の流れ>

  1. 受付・申請
    ご利用者はサービスを利用したい方が役所でサービス利用の申請をします。
  2. 障害程度区分の認定
    役所の方が聞き取りをして区分認定をします
  3. サービス等利用計画案の作成
    相談支援事業所がご本人の意向を聴き、サービス利用計画案を作成します
  4. 支給決定
    役所が区分認定とサービス利用計画案をもとに、サービス内容の支給決定をします
  5. サービス担当者会議
    ご本人、家族、利用する事業所で支援計画案の内容について話し合います
  6. サービス等利用計画
    サービス等利用計画(ケアプラン)ができます
  7. サービス利用
    居宅介護(ホームヘルパー)などの利用ができます
  8. モニタリング
    相談支援事業所がご本人から意向を聴き、 計画の見直しをします